プレゼント   鬼瓦さん   瓦業者一覧表   菊間瓦を体験   昔の瓦づくり   菊間瓦の歴史

菊間瓦の歴史

瓦の歴史が菊間町の歴史です
 菊間はもとより四国を代表する伝統産業の一つである菊間瓦。その起源は、今から約750年前の鎌倉期弘安年間で、伊予の豪族河野氏支配時代に製造が始まったと伝えられています。
 温暖で雨が少なく自然の乾燥に適していたこと、原料の粘土や燃料の松葉にも恵まれ、輸送のための船便が便利だったことが発展に大きく貢献したようです。
 伝統ある技法、技術によって作られた、格調高い美しさは、光沢・品質に象徴され、住宅をはじめ神社・寺院・城郭に広く使われており、今なお全国で高い評価を得ています。

瓦年表 道後温泉
道後温泉

松山城
松山城

皇居木型
皇居木型

帆船
帆船

1278年:河野氏の仕事方を努める
河野氏の城に菊間瓦献納
1573年:安土城築城の際に当地を訪れた一観上人により木型製法が伝わる
1604年:加藤義明による松前城・勝山城築城の際に菊間瓦納入
1818年:京都御所御営繕御瓦納入
1828年:松山藩大阪屋敷瓦納入
1831年:荒神社へ瓦製灯籠一対奉納
1845年:大山祗神社御用瓦納入
1854年:松山城復旧御用瓦納入
1855年:松山藩江戸屋敷瓦納入
1867年:広島藩邸御用瓦納入
1883年:皇居御用瓦納入
1898年:松山の久松伯邸瓦納入
1928年:有限責任菊間製瓦業販売購買組合設立
1939年:菊間瓦工業組合設立
1942年:愛媛県瓦工業組合設立
1943年:艦上戦闘機「愛媛瓦号」献納
1978年:遍照院厄除け大鬼瓦奉納
1979年:瓦品質向上試験室完成
1980年:菊間町窯業協同組合設立
愛媛県伝統的特産品に菊間瓦指定
1982年:菊間町民会館内大壁画瓦完成
1993年:'93かわらぬ愛・菊間イベント開催
1997年: 瓦のふるさと公園・かわら館完成
2002年: 愛媛県武道館屋根瓦納入
2007年: 地域団体商標『菊間瓦』取得



瓦職人
瓦トップへ
菊間町商工会ホームページ